パソコン ビジネス

PCメールの誤送信を防ぐ2つの方法

投稿日:2014年6月8日 更新日:

mail_miss

メールの誤送信は個人情報の漏えいなどのリスクが高い割に対策が不十分な人が多いと感じます。社外の人にメーラーの設定などを聞いても「送信時に気を付ける」といった事実上対策がされてない話も聞きます。今回は無料で利用できる有名なメールソフト「Thunderbird」を例に、メーラーの基本機能だけでできる誤送信をしない工夫を書いてみます。



誤送信するきっかけ

誤送信をするきっかけは、メールアドレスの取り違えに気づかないことが原因ですよね。

なので、このメールアドレスの取り違えをいかになくすかが誤送信を防ぐポイントとなります。

目視で確認しているはずのアドレスを間違える理由は「見間違え」という単純なミスです。

たったこれだけの単純なミスで送信相手を間違えてしまうのですが、このミスのきっかけとしてメーラーの罠にはまっている場合があります。

メーラーの罠

わざと罠を仕掛けているわけではありませんが、メーラーの便利機能が誤送信を誘発していることはあります。

その一つがオートコンプリートです。

最近のメーラーは宛先欄に名前を入力すると、入力途中で過去に送信したメールアドレスの一覧が出てきます。一見便利な機能ですがこれが罠になります。

宛先を入力している途中で表示される一覧の中には正解がひとつしかありません。他は不正解です。一覧には誤送信先がたくさんでてくるわけです。これでは間違えないようにするほうが難しくなります。

オートコンプリートの罠にはまらないようにするためには、この機能を使わないことです。

宛先欄に直接入力するのはやめてアドレス帳からマウスで選択する(手で入力しない)方法のほうがミスは防げます。新規の送り先はアドレス帳に登録してから使うようにします。

アドレス帳からマウスで選択した方がミスが防げるのはなぜか?

その方法を以下に説明します。

アドレス帳の使い方で誤送信を防ぐ

取引先毎にアドレス帳を作る

まずは取引先毎にアドレス帳を作ります。

「Thunderbird」のメニューの「アドレス帳」を押してアドレス帳を開きます。

mail_ad_01

アドレス帳のメニュー「ファイル」「新規作成」「アドレス帳」を選択します。

mail_ad_02

「新しいアドレス帳」の名前に取引先名を入力して「OK」を押します。

mail_ad_03

メールアドレスを移動する

取引先名のアドレス帳に、この取引先の人のメールアドレスを移動します。

マウスのドラッグ&ドロップで移動できます。

すべて移動したらアドレス帳を閉じます。

メール作成画面でアドレス帳を表示する

「Thunderbird」のメニューの「作成」を押してメールの作成画面を開きます。

メール作成画面のメニュー「表示」「アドレスサイドバー」にチェックを入れてください。

左側にアドレス帳が表示されます。

mail_m_01

宛先にメールアドレスを入力する

メール作成画面の左側に表示されたアドレス帳のプルダウンメニューを開いてください。

先ほど作った取引先名のアドレス帳がありますよね?取引先のアドレス帳を選択してみましょう。

mail_m_02

すると取引先の人のメールアドレスだけが表示されたはずです。

このメールアドレスをダブルクリックすると宛先に挿入されます。

この方法なら

  • 取引先を選択
  • 宛先のメールアドレスを選択

という2つのステップがあります。

取引先には他の取引先のアドレスは表示されません。このため誤送信のミスが大幅に減ります。

取引先企業の部署が多い場合は、「株式会社●●△△部」のように部署単位でアドレス帳を作ってしまえばさらに細分化できます。

テンプレートで誤送信を防ぐ

毎月、定例的に送信しているメールがありませんか?

月次報告などのように、宛先が毎回同じで本文もほとんど一緒、月の数字だけが変わるようなメールです。

添付ファイルだけが変わるみたいなものって多いですよね。こんなメールはテンプレートを使うと便利です。

テンプレートを使えば誤送信はまずありません。なぜなら、宛先のメールアドレスもテンプレートに含めることができるからです。

最初の設定さえ間違えなければ、今後はアドレスの入力が不要なので間違えようがないわけです。

テンプレートの作り方はとても簡単です。

定型文、件名、宛先を入力する

いつも通りメールの作成画面で定型文を作ります。

いつもと違うのは、毎回変わる文字を「●」にすることと、添付ファイルを付けないことです。
メールのテンプレート

「●」でなくても見やすい文字なら「■」でもOK。
ここだけは毎回書き換える部分なので数字ではなく見やすい記号にしておくといいでしょう。

件名と宛先もいつも通り入力します。宛先はCCとBCCもいつも入力してください。

テンプレートとして保存

出来上がったら「ファイル」「選択して保存」「テンプレート」を選びます。
メールのテンプレート

これでテンプレートが出来ました。

開いている作成画面は閉じてOKです。

テンプレートからメールを作成

「Thunderbird」の左側にツリー表示された「テンプレート」フォルダに、先ほど作ったメールがあります。

メールのテンプレート

ダブルクリックで開くと先ほど作成したままの画面が開きます。

次回からはこのメールの「●」を変えて添付ファイルを添付して送信するだけOKです。

テンプレートフォルダのメールは「テンプレート」なので消えません。なんども使い回しができます。メールの宛先もCCもBCCも、テンプレート作成時のまま再現されます。

最初に宛先を間違えなければ、誤送信する心配はありません。定型文のメールはすべてテンプレート化しておくと、メールの作成も早く誤送信も防げます。

さいごに

今回は「Thunderbird」を例に以下の二つの方法を紹介しました。

  • 取引先毎にアドレス帳を作る
  • テンプレートを使う

これだけでもメールの誤送信のリスクはかなり減ると思います。

お金と時間をかければ、誤送信を防ぐフィルタリングサービスなどもありますが、今回紹介したような方法で誤送信を防ぐこともできます。

メールはとりあえず送れれば良いものなので、アドレス帳の整理をしてない人もいます。テンプレートというものがあることを知らない人も多いです。

メールの機能は上手に使って、仕事のミスを減らしたいものです。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-パソコン, ビジネス

執筆者:

関連記事

年次有給休暇を完全に消化するためにやったこと

労働者の当然の権利であるはずの有給休暇が取得できない人が多いです。特に日本は。 わたしもかつては有休が取れず毎年時効で20日消滅していました。 今年度は完全に消化できたので取り組んだことなどを書きます …

一円玉を「拾う」と「拾わない」は、どちらが得か

地面に一円玉が落ちています。この一円玉、拾いますか? 拾えば得をすると考える人もいれば、拾うと損をすると考える人もいます。 なかなかややこしい問題です。

Mastodon(マストドン)を使ってみた感想

Mastodon(マストドン)が急速にユーザーを増やしています。 このポストツイッターとも呼ばれているMastodonを使ってみたので感想など書きます。

ホーキンス プレミアム ビジネスシューズ

ゲリラ豪雨も怖くない!雨や雪に強いビジネスシューズを1年間履き続けた感想

雨の日に革靴履いて出勤しているサラリーマンのみなさんこんにちは、雨の日に革靴履いて出勤しているサラリーマンのケンち(@ soredou_kenchi )です。 雨の日に革靴を履くのってイヤじゃないです …

大型書店で増えた「本のタワー積み」は不適切だと思う理由

本を大人の身長より高く積み上げる「タワー積み」や、複雑な形状で積み上げる「スパイラル積み」が大きな書店で見られるようになりました。 一見おもしろそうな試みだけど、本のタワー積みは商業的にも広告的にも間 …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。