ライフスタイル

秘密は秘密でお願いします

投稿日:

他人の秘密を知るのは面白いようです。ゴシップは昔から人気があります。

知り合いの内緒話もいつの間にか拡散されてたりします。

これはいつの時代も変わらないんでしょうね。



誰にも言わないで!

「誰にも言っちゃダメだよ」

こんな風に始まる内緒話は楽しいものですね。秘密を共有するのは信頼の証だったりします。秘密を交換することで絆が深まることもありますね。

他人に知られたくないことを教えてもらえるのですから、特別の存在です。友達から内緒話をされるのが嬉しい人もいるでしょう。

秘密を知るのは、信頼を得た満足感のほかにも、誰も知らない情報を得た優越感もあります。

だからこそ、他人の秘密に興味津々。そういう人も多いですよね。

それだけに秘密の話は他人からもウケが良かったりします。他人の秘密をバラして話が盛り上がる。そんな場面も見かけます。

誰にも言っちゃいけないはずなのに…

バレなければ良い?

『この人になら話しても大丈夫だろう』とか『たいした秘密ではないだろう』などと判断して、誰かに秘密の話をしてしまう。そんな場面は時折見かけます。

「これ秘密なんだけど…」

こんな風に自分の秘密を信頼できる人に明かすのはいいです。自分のことだから。

でも、

「秘密にしてって言われたことなんだけど…」

これはアウト。ですよね?

他人の秘密に興味がある人も多いので、内緒話の拡散は盛り上がります。そして次から次へと拡散されます。自分が拡散してることがバレなければいいと思っているようです。なので、話の締めくくりに必ず「これ秘密だからね!私が言ったって誰にも言わないでね!」なんて言ったりします。

いやいや、もう秘密になってないから…

たまに私のところにも内緒話がまわってきます。

秘密は秘密だから秘密

私はバカ真面目なのかもしれません。

秘密の話が回ってきた来た時や、内緒話だと思われる話が始まったときは、内容を聞く前に必ず確認します。

「それは私が聞いても大丈夫?秘密なんじゃないの?」

もしもそこで「誰にも秘密です」と言われたら、話は聞きません。私が聞いたら秘密ではなくなるからです。相手が目下の人なら説教します。たとえ話の内容が私に関係あることでも聞きません。秘密とはそういうものです。

秘密は秘密にしなければいけないです。

それが私に対する悪口だったとしても話してはいけないんです。

秘密をバラしたら信用を失います。それは秘密を打ち明けた人からだけでなく、私も信用できなくなります。

この人になら話しても良いだろう、という秘密はありません。

それがたとえ子供から聞いた話であっても。話し相手が妻や夫であっても。もしも話すのなら本人の許可をとらないといけないと思います。

さいごに

犯罪行為なら秘密にするのはどうかと思います。癌の宣告などは悩む場面もあると思います。そんな緊迫した内容では例外もあるでしょう。

しかし、誰かの内緒話を、ささいな秘密と勝手に判断して他人に話すのは良くないです。

本人に知られなければ良いというものではないと思います。

ブログ、フェイスブック、ツイッター、LINEなどで、誰かの秘密をうっかり話してないですか?

その行為は読んだ人から信用を失ってるかもしれません。

秘密は守らないとね。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

medium_4199675334

明日死んでも後悔しない生き方は後悔するかも

こんにちは。日本人の平均寿命の半分以上生きているケンちです。 40歳を過ぎたころから「死」をリアルに意識するようになりました。「もう半分来ちまったか~」みたいな。 明日死んでも後悔しない生き方について …

喪中

【喪中はがき】マナーはあってないようなもの?

親族の方が亡くなられた方は年賀状を出さずに、喪中はがきを出す風習がすっかり定着していますね。 私は以前、写真店に勤務していたことがあるので、写真付き年賀状の受付と一緒に喪中はがきの受け付けもしていまし …

medium_7109248893

「微物」の意味とは|新聞記事やテレビニュースで使われる不思議な言葉

微物という言葉を新聞記事などでたまに見かけますが、日本語変換で「びぶつ」を変換してもこの漢字が出てきません。ちょっと気になったので微物の意味を調べてみました。

雪が少ない地域では大雪のあとの木に注意!

雪に慣れていない地域では人と同じく植物たちも雪の耐性がないようです。先日、私が住む埼玉県でも久しぶりに20cmくらいの積雪がありましたが、その後に行った公園は悲惨な状態でした。 そこには大量の木の枝が …

他人の子供を注意するということ

紅葉の写真を撮りに公園に行ったときのこと。 こどもたちが危険な遊びをしていた。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。