写真

働くひとたちをモノクロ写真で撮ってみた

投稿日:2016年2月9日 更新日:

航空公園で飛行機を清掃する人たち

今回はモノクロ写真の紹介です。

所沢市の航空公園の屋外に展示してある飛行機『C-46中型輸送機(天馬)』の清掃作業をしていたのでモノクロで仕上げてみました。昭和に活躍したリベットと継ぎ目が多い飛行機はモノクロが合うと思います。

撮影に使ったカメラは『OLYMPUS OM-D E-M10』です。フィルムではありません。すみません。




C-46中型輸送機(天馬)を清掃する人たち

航空公園で飛行機を清掃する人たち

『C-46中型輸送機(天馬)』は、所沢市民なら知らない人はいないほど(市内では)有名な飛行機です。航空公園に行くとデン!と置いてあって目立ちます。ここに遠足に行く子供たちは、この飛行機の前で集合写真を撮ったりしています。

航空公園で飛行機を清掃する人たち

航空公園で飛行機を清掃する人たち

航空公園で飛行機を清掃する人たち

航空公園で飛行機を清掃する人たち

清掃作業を見る機会はあまりないです。所沢に20年以上住んでる私も初めて見ました。作業員のみなさんがカッコイイです。

清掃している現場の写真も撮っています。きっと防水防塵のデジカメですね。
航空公園で飛行機を清掃する人たち

航空公園で飛行機を清掃する人たち

上の方はハトの糞がたくさんあるので念入りに…
航空公園で飛行機を清掃する人たち

キレイになったらまた写真を撮ります。
航空公園で飛行機を清掃する人たち

コンプレッサーは唸りっぱなし。水が少し漏れてるよ。
コンプレッサー

航空公園で飛行機を清掃する人たち

こうやって清掃作業をしている人たちがいるからいつもキレイなんですね。

航空公園で飛行機を清掃する人たち

航空公園で飛行機を清掃する人たち

知らないところで知らない人たちが街をキレイにしているんだなぁと思いました。

さいごに

C-46中型輸送機(天馬)

今回は昭和の飛行機をノスタルジックな雰囲気に仕上げるために、少し硬めのモノクロに編集しました。リベットや継ぎ目が目立っていると思います。こういうコントラストがキツい調子を『硬い』と言ったりします。

モノクロ写真は思い切って黒を潰して白を飛ばすくらいの処理をしてもおもしろいです。白黒フィルムではよくある手法です。これを良しとするかは好みの問題ですけどね。

液晶画面では紙焼きほどの硬さを表現できないのが残念です。液晶画面の黒が完全な黒ではないから。これは仕方ないですね。

モノクロに魅力を感じた人は写真展に行ってみると面白いですよ。液晶画面で見るモノクロとは迫力が違います。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-写真

執筆者:

関連記事

写真を撮っていてモヤモヤすること。子供に教えたいこと。

公園や道端にキレイな花が咲いている。 見慣れない鳥を見つけた。 写真にパシャ!… こんなときにモヤモヤすることがあります。

デジタル一眼カメラを首から下げて歩いてたらこんな目に合いました

アイカップ落としました。 結論から入ってみましたケンち(@ soredou_kenchi )です。ファインダー付きのカメラを持ち歩くときは注意したほうが良さそうです。

RAW現像や画像補正における「正しい色」と「良い色」

デジタルカメラでRAW現像や画像補正を楽しむ人が増えていますね。 フィルムの時代は色はラボまかせでした。私はまかされる立場でした。 ブログなどで現像や補正のテクニックを紹介している記事を読むと「ムフフ …

公序良俗に違反した写真?いやいや問題はその「行為」かもしれません

一般のお客様向けの写真屋で度々話題になるのが公序良俗に反する写真の取り扱いです。公序良俗の考え方はお店によってバラバラだったりします。 公序良俗に反する写真はプリントしないのが原則ですが、実際には写真 …

写真はピンボケでも良い

写真を始めた頃はピント合わせに時間がかかっていました。 当時はピンボケは失敗だと思い込んでいました。 でもピント合わせに時間をかけ過ぎるのは本末転倒なんですよね。