スマートフォン・タブレット ライフスタイル

子供にスマホを持たせるときの親の心構え

投稿日:2014年8月19日 更新日:

smartphone

photo credit: trangiuj via photopin cc

子供にスマホを与えるべきか悩む親は多いです。トラブルに巻き込まれないようにするにはどうしたらいいでしょう。そんな不安を解消する心構えを書いてみます。


ノートン世界シェアNo.1バナー

ウィルス対策とフィルタリングは必須

子供にスマホを与えるのなら、個人情報が漏えいしないようにするためにウィルス対策は必須です。また、有害サイトが見られないようにするフィルタリング設定も必須です。

関連記事:【子供のスマホ】これは必須!フィルタリングの設定

これらの対策についてどうすれば良いのかわからないなら、携帯電話会社がオススメするサービスを利用するのが手っ取り早くて確実で良いです。

でも、今回話したいのは技術的な話ではなくてもっと本質的な問題。

不安なことはなに?

子供にスマホを持たせるとき、何が不安ですか?

犯罪に巻き込まれたり、虐めに巻き込まれる危険じゃないですか?

これは被害者になる危険だけじゃなく、加害者になる危険もあります。本人にそのつもりがなくても、被害者・加害者のどちらにもなる可能性があると思っていたほうがいいです。「つもりがない」「誤解」「勘違い」から生まれるトラブルなんてネットの世界では日常茶飯事です。そんな世界に入り込むんだから親は子供が危険な目にあう可能性があることを意識したいものです。

これらの危険はウィルス対策やフィルタリングでは防げません。だからもっと根本的な強力なセキュリティ対策が必要になるわけです。

一番大事で絶対欠かせないセキュリティは親の目です。親の目を効かせるために必要なのが子と親の信頼です。スマホのことは子供にまかせて親は干渉しないなんてのは、荒波の海に入る子供を黙って見ているようなものです。

いつでもスマホをチェックする

check

photo credit: rolands.lakis via photopin cc

子供を守るための監視は親の義務です。18歳未満の子供なら絶対に監視が必要。監視は子供を縛り付けるためにするのではなく、子供を守るためにやることです。

スマホをはじめて与えるときは「定期的に見せてもらう」と約束する。この約束ができないならスマホを与えるべきではありません。

しかし「あなたを守るため」といっても、監視されてるみたいで嫌な気持ちになる子供もいるかもしれませんよね。だから信頼が大事なわけですが、それでも監視されてる感じは嫌なものです。

そんな監視されてる感じをやわらげる方法があります。それは親と子供が一緒にスマホを使うことです

親も一緒にスマホを使う

子供にスマホを使わせるなら親もスマホを持つ。使い方を覚える。これが大事です。

そして子供と同じアプリを入れる。子供と同じゲームをやる。これも大事です。

熱中するほどやらなくてもいいですが。どんなことやっているのかくらいは知っておきたいものです。

子供がどんなことをやっているのかわからないでどうして監視できますか?LINEを使ったことがない親は、LINEの危険性を理解できません。安全な使い方もわからないでしょう。

スマホのゲームの中にはチャット機能があるものがあります。見ず知らぬ人と会話ができるゲームがあることを知らないと、LINEやTwitter、Facebookを使わなければ安心と思ってしまいます。

一番危険なのは「親が知らないこと」です

親が子供と同じアプリを使うと、ほかにもとても良い効果があります。それは、アプリについて子供と会話ができるということ。アプリの使い方やゲームの攻略法など、スマホを介して子供と話をする時間ができます。

親もスマホを使っていれば、自然な流れで「どんなアプリ入れてるのか見せて」と言えるようになります。

子供も親が自分のフィールドに入ってくることに親近感や安心感をもってくれます。つまり、監視する者とされる者の関係ではなく、友達感覚でスマホを見せあえる関係になってしまえばいいってことです。

子供の方が覚えが早ければ、使い方を聞いたりするのもいいです。子供は得意げに教えてくれるでしょう。そうやって信頼関係は作れます。

監視できないなら与えない

スマホは上手に使えばとても便利で楽しいものですが、使い方を誤ると危険です。ニュースを見てればわかりますよね?だから親の監視が必要なんです。

デジタル機器が苦手なら、スマホの使い方について相談できる人を確保することも考えてみてください。苦手な人が自分でなんでもやろうと思っても無理があります。家族や親せきでスマホに強い人がいたら相談相手になってもらうのも良いです。

とにかく、子供ひとりに持たせてそれっきににしないことが大事です。苦手だからと逃げてしまうなら子供にスマホを持たせないほうがいいです。子供にはかわいそうだけど、親が監視できないなら仕方ないです。

親が監視できないないなら子供にスマホは持たせない。そんな考え方もありだと思います。子供を守るためにも。

さいごに

子供と海に遊びに行くとしたら、溺れないように対策しますよね?

万が一のために監視員がいるか確認しますよね?

波にさらわれないように目を離しませんよね?

sea

photo credit: † massimo ankor via photopin cc

未成年の子供にスマホを与えるのは、海に泳ぎにいくようなもの。目を離したスキに事故は起こります。

まだ泳ぎ方を知らない子供を守るために監視を忘れないようにしたいです。

それではまた。



この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-スマートフォン・タブレット, ライフスタイル

執筆者:

関連記事

medium_5269027581

バイクの自賠責保険の更新はセブンイレブンでできる

今日はセブンイレブンのマルチコピー機でバイクの自賠責保険の契約をしてきました。250cc以下のバイクはセブンイレブンで自賠責保険の契約ができるって知ってましたか?

高齢者の事故を減らすためにも年末年始に帰省したらやってほしいこと

年末年始に帰省しますか? 最近では親とSNSで繋がっている人も多いと思います。でも、やっぱり顔を合わせるのって大事ですよね。 多くを語らなくても、側にいるだけで通じ合うものがあったりします。 今回は親 …

medium_453957521

ネットなんていらない?

会社の人で自宅のPCをネットに繋いでない人います。仮にも(仮じゃないけど)IT系の会社に勤めていながらネットは会社でしか利用しないなんて私には考えられませんでした。でも考えかた次第ではこれも正解なのか …

ケーキ

ひな祭りにケーキを食べる風習の被害者

3月3日のひな祭りに、なぜかケーキを食べる風習があたりまえになりました。 ネットでも雛ケーキのレシピがたくさん紹介されています。 でも、なんで日本の行事にケーキなんでしょうね? 子供が喜ぶからなんでし …

親心

親心はなかなか理解されないものです。 特に他人に向ける親心は。 余計なことを言うなと、怒られてしまったりしますから。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。